English
工学部/大学院工学研究科

過去のお知らせ

2017年

8月8日
セミナー開催のお知らせ
Quantum Engineering Design Workshop on Materials Design and Instrumentation for Clean Energy Applications
日時:2017年8月9日(水) 15:00から
場所:大阪大学 大学院工学研究科 P1棟 212 (吹田キャンパス)
詳細は、こちらをご覧ください。
8月3日
CAMTセミナー開催のお知らせ
Multidisciplinary Solid State Science and Technology - Plasma Process and beyond
講師:Prof. Yue Kuo
Thin Film Nano & Microelectronics Research Laboratory, Texas A&M University, College Station, TX, USA
日時:2017年8月7日(月) 14:00から15:00
場所:大阪大学 大学院工学研究科 A12棟 101 (吹田キャンパス)
詳細は、こちらをご覧ください。
7月20日
神戸 宣明教授らの研究グループは、有機化合物の中で最も強い炭素とフッ素の結合を切断し、新たに炭素と炭素をつなぐコバルト触媒の開発に成功しました。従来の触媒反応と組み合わせることにより、複雑な有機化合物を簡便に合成することができます。安定すぎて使えないと考えられていた有機フッ素化合物が有機化合物を作る試薬として有望であることを明らかにし、有機フッ素化合物の反応試薬としての利用拡大が期待されます。
詳細は、こちらをご覧ください。
7月11日
CAMTセミナー開催のお知らせ
Surface modification of natural zeolites using gas discharges
講師:Prof. Magdaleno R. Vasquez Jr.
Department of Mining, Metallurgical, and Materials Engineering, College of Engineering, University of the Philippines, Diliman, Quezon City 1101 Philippines
日時:2017年7月12日(水) 11:00から12:00
場所:大阪大学 大学院工学研究科 A12棟 101 (吹田キャンパス)
詳細は、こちらをご覧ください。
6月22日
浜口 智志教授が米国真空学会(AVS)プラズマ科学技術部門(Plasma Science & Technology Division)の「The Plasma Prize」を受賞しました。
「低温プラズマの基礎物理及び数学とその産業への応用」
この賞は、米国真空学会(AVS)プラズマ科学技術部門が、年に一度、プラズマ科学技術分野に大きく貢献した個人に授与するものです。
6月22日
表面反応設計分野のUwe Czarnetzki特任教授(Ruhr-University Bochum)が電離気体現象国際会議(The International Conference on Phenomena in Ionized Gases) ICPIG 2017の「Von Engel and Franklin Prize」を受賞しました。
「低温プラズマ診断物理学とその技術応用に関する研究」
この賞は、電離気体現象国際会議が、2年に一度、プラズマ及び電離気体の物理学とその応用分野において、長年にわたって非常に重要な貢献をした者や新しい研究分野を創生する大きな研究成果をあげた個人に授与するものです。
6月1日
荒木 秀樹教授が一般社団法人 溶接学会 平成28年度高エネルギービーム加工研究委員会「優秀講演賞」を受賞しました。
受賞研究: 第83 回高エネルギービーム加工研究委員会(2016.10.26 開催)
「金属積層造形体の組織と異方性」
この賞は当該年度の高エネルギービーム加工研究委員会で優秀な研究発表を行った講演者に授与されるものです。
5月18日
平成28(2016)年度のアニュアルレポート Vol.4  (10.3MB)を発行しました。
4月28日
CAMT Newsletter No.12  (1.0MB) を発行しました。
4月19日
CAMTセミナー開催のお知らせ
Particle-in-Cell simulations of capacitive radio-frequency discharges
講師:Dr. Zoltan Donko
Department of Complex Fluids, Wigner Research Centre for Physics Hungarian Academy of Sciences, Hungary
日時:2017年4月19日(水) 14:00から15:00
場所:大阪大学 大学院工学研究科 A12棟 101 (吹田キャンパス)
詳細は、こちらをご覧ください。
4月12日
工学研究科 材料系/アトミックデザイン研究センター・産総研 共同研究シンポジウムを開催しました。
平成29年3月3日(金)に、工学研究科と産業技術総合研究所(以下、産総研と称する)の合同シンポジウムを開催し、67名の方にご参加いただきました。大阪大学と産総研は、平成23年3月22日に連携・協力の推進に関する基本協定書を締結して以来、さまざまな分野で学術交流を実施してきました。そして、さらなる研究活動の推進及びその成果の普及とともに、次世代を担う学生の教育研究に関する協力も推し進めることを目的に、平成28年7月14日に教育研究協力に関する覚書を交わし、より緊密な相互協力体制を構築しています。
両者の間で学生を含めた研究者の交流を活発にさせるため、幅広い交流分野のうち、今回は特に材料科学やエネルギー等に関わるテーマについてのシンポジウムを開催しました。産総研とともに期待する研究分野の紹介があり、教員・学生にとって、産総研を知る良い機会となりました。
3月22日
CAMTセミナー開催のお知らせ
Physics of High Density Plasma Sources IV
講師:Prof. Uwe Czarnetzki
Institute for Plasma and Atomic Physics, Faculty of Physics and Astronomy, Ruhr-University Bochum, Germany
日時:2017年3月23日(木) 13:30から15:00
場所:大阪大学 大学院工学研究科 A12棟 101 (吹田キャンパス)
詳細は、こちらをご覧ください。
3月21日
CAMTセミナー開催のお知らせ
Physics of High Density Plasma Sources III
講師:Prof. Uwe Czarnetzki
Institute for Plasma and Atomic Physics, Faculty of Physics and Astronomy, Ruhr-University Bochum, Germany
日時:2017年3月21日(火) 13:30から15:00
場所:大阪大学 大学院工学研究科 A12棟 101 (吹田キャンパス)
詳細は、こちらをご覧ください。
本セミナーは、4回シリーズの講義形式です。低温プラズマ物理学の基礎に関するものですが、学生や若手研究者の方々はもちろん、経験のある研究者にも役立つ最新の内容を含んだものとなっておりますので、ぜひご参加ください。
第4回:3月23日(木) 13:30から15:00
2月28日
CAMTセミナー開催のお知らせ
Physics of High Density Plasma Sources II
講師:Prof. Uwe Czarnetzki
Institute for Plasma and Atomic Physics, Faculty of Physics and Astronomy, Ruhr-University Bochum, Germany
日時:2017年3月9日(木) 13:30から15:00
場所:大阪大学 大学院工学研究科 A12棟 101 (吹田キャンパス)
詳細は、こちらをご覧ください。
本セミナーは、4回シリーズの講義形式です。低温プラズマ物理学の基礎に関するものですが、学生や若手研究者の方々はもちろん、経験のある研究者にも役立つ最新の内容を含んだものとなっておりますので、ぜひご参加ください。
第3回:3月21日(火) 13:30から15:00
第4回:3月23日(木) 13:30から15:00
2月28日
CAMTセミナー開催のお知らせ
Atmospheric-pressure plasma deposition of carboxyl-containing co-polymers: understanding complex chemistry through simple models
講師:Mr. Adam Obrusnik
Department of Physical Electronics, Faculty of Science, Masaryk University. Brno, Czech Republic

Functional plasma polymer surfaces in quartz crystal microbalance and surface plasmon resonance immunosensing
講師:Ms. Ekaterina Makhneva
Research Group Plasma Technologies, Central European Institute of Technology (CEITEC), Department of Physical Electronics, Faculty of Science, Masaryk University. Brno, Czech Republic

日時:2017年3月7日(火) 14:00から15:30
場所:大阪大学 大学院工学研究科 A12棟 101 (吹田キャンパス)
詳細は、こちらをご覧ください。
2月28日
CAMTセミナー開催のお知らせ
On the Effect of Plasma (Media) Treatment on Cell Division
講師:Prof. Robert D. Short
Future Industries Institute, University of South Australia, AUSTRALIA Material Science Institute, Lancaster University, UK

The importance of understanding cold atmospheric plasma interactions with tissue fluid and tissue
講師:Dr. Endre Szili
Future Industries Institute, University of South Australia, AUSTRALIA

日時:2017年3月6日(月) 14:00から16:00
場所:大阪大学 大学院工学研究科 A12棟 101 (吹田キャンパス)
詳細は、こちらをご覧ください。
2月22日
CAMTセミナー開催のお知らせ
Physics of High Density Plasma Sources I
講師:Prof. Uwe Czarnetzki
Institute for Plasma and Atomic Physics, Faculty of Physics and Astronomy, Ruhr-University Bochum, Germany
日時:2017年2月23日(木) 13:30から15:00
場所:大阪大学 大学院工学研究科 A12棟 101 (吹田キャンパス)
詳細は、こちらをご覧ください。
本セミナーは、4回シリーズの講義形式です。低温プラズマ物理学の基礎に関するものですが、学生や若手研究者の方々はもちろん、経験のある研究者にも役立つ最新の内容を含んだものとなっておりますので、ぜひご参加ください。
第2回:3月9日(木) 13:30から15:00
第3回:3月21日(火) 13:30から15:00
第4回:3月23日(木) 13:30から15:00
2月7日
CAMTセミナー開催のお知らせ
Plasma polymers for improved cell proliferation and adhesion
講師:Profs. Lenka Zajíčková
Department of Physical Electronics, Faculty of Science, Central European Institute of Technology (CEITEC), Masaryk University. Brno, Czech Republic
日時:2017年2月13日(月) 14:00から15:00
場所:大阪大学 大学院工学研究科 A12棟 101 (吹田キャンパス)
詳細は、こちらをご覧ください。

2016年

12月28日
CAMT Newsletter No.11  (0.7MB) を発行しました。
12月28日
CAMTセミナー開催のお知らせ
The world in 2050 - How to project what can't be projected
講師:Profs. Valeria Jana Schwanitz and August Wierling
Group of Renewable Energies,Department of Natural Sciences and Engineering, Western Norway University of Applied Sciences, Norway
日時:2017年1月11日(水) 13:30から15:00
場所:大阪大学 大学院工学研究科 A12棟 101 (吹田キャンパス)
詳細は、こちらをご覧ください。
12月21日
大阪大学工学研究科・産総研合同シンポジウムを開催します。
日時:2017年3月3日(金) 13:00~18:30
場所:大阪大学 吹田キャンパス 理工学図書館 西館3階 図書館ホール
主催:大阪大学大学院工学研究科、附属アトミックデザイン研究センター、
   国立研究開発法人 産業技術総合研究所 関西センター・中部センター
共催:工学研究科附属アトミックデザイン研究センター
詳細は、こちらで順次公開します。
11月11日
渋谷陽二教授が日本機械学会材料力学部門業績賞を受賞しました。
「マルチスケールな材料と構造のサイズ効果に関する先駆的研究」
この賞は、材料力学および関連分野についての最近の一連の研究・技術において独創性および有用性の著しい業績をあげた者に授与されるものです。
11月11日
荒木 秀樹教授と水野 正隆准教授が、一般社団法人 軽金属学会 平成28年度軽金属論文賞を受賞しました。
「Al–Mg(–Zn)系合金のセレーション発生挙動に及ぼす析出状態の影響」
(軽金属 第65巻8号(2015) P. 331-338)
松本克史,有賀康博,常石英雅,岩井光,水野正隆,荒木秀樹
この賞は軽金属に関する学術または工業の進歩発展に寄与する優れた論文を発表した者に授与されるものです。
詳細は、こちらをご覧ください。
11月11日
CAMTセミナー開催のお知らせ
A brief insight into tokamak instabilities: a multi-scale problem
講師:Profs. D. Zarzoso and S. Benkadda
Aix-Marseille Université, CNRS, PIIM, UMR 7345 Marseille, France.
日時:2016年11月14日(月) 11:00から12:00
場所:大阪大学 大学院工学研究科 A12棟 101 (吹田キャンパス)
詳細は、こちらをご覧ください。
8月26日
荒木 秀樹教授が、平成27年度の粉体粉末冶金協会 新技術・新製品賞を受賞しました。
「金属3Dプリンタ技術によるカスタム照明の開発」
寺西正俊,西田一人,中野貴由,荒木秀樹,田中敏宏
この賞は、粉体粉末冶金に関して独創的な新技術・新製品の開発、測定技術の開発および製品改良を行った者に授与されるものです。
詳細は、こちらをご覧ください。
8月26日
CAMT Newsletter No.10  (0.7MB) を発行しました。
7月8日
鳶巣 守准教授が、茶谷 直人教授とともに、トムソン・ロイター「第4回リサーチフロントアワード」を「エーテルの触媒的クロスカップリング反応」の研究で受賞しました。
リサーチフロントアワードは、今後飛躍的な発展が期待される先端研究領域を特定するとともに、その領域で世界をリードする日本の研究機関所属の研究者を広く社会に紹介することを目的とし、最も高い頻度で引用されている上位1%の論文のうち、後に発表された論文と同時に引用されている論文を分析して選出されます。
今回は、研究内容とその成果の潜在的な可能性を重視し、最近の被引用数の伸びが著しく上昇傾向にある論文に着目して選出されました。
詳細は,こちらをご覧ください。
6月21日
平成27(2015)年度のアニュアルレポート Vol.3  (8.0MB)を発行しました。
6月3日
尾崎雅則教授らの研究グループは、平面鏡のような機能を持つコレステリック液晶からの反射波面を自由に制御する技術を開発し、反射光の偏向機能やレンズ機能を付与することが可能となりました。この技術は、特定の円偏光のみを反射させながら偏向したり、集光したりできる、高機能かつ安価な反射型の光学デバイスへの幅広い応用が期待されます。
詳細は,こちらをご覧ください。
また、Nature Photonicsに掲載された本論文の内容が、「科学新聞」、「physicsworld.com」、「BioPortfolio」で紹介されました。詳細は,こちらをご覧ください。
5月25日
CAMTセミナー開催のお知らせ
High-density, well-ordered yet high-energy metallic glass phase constructed by pressure-promoted thermal rejuvenation
講師:Dr. Narumasa Miyazaki
Institute for NanoScience Design, Osaka University
日時:2016年6月7日(火) 13:30から14:30
場所:大阪大学 大学院工学研究科 A12棟 101 (吹田キャンパス)
詳細は、こちらをご覧ください。
5月25日
CAMTセミナー開催のお知らせ
First-Principles Studies on Ion Migration Properties in Fast Oxide Ion Conductors for Application to Solid Oxide Fuel Cells
講師:Prof. Mamoru Sakaue
Center for International Affairs, Graduate School of Engineering, Osaka University
日時:2016年5月31日(火) 13:30から14:30
場所:大阪大学 大学院工学研究科 A12棟 101 (吹田キャンパス)
詳細は、こちらをご覧ください。
4月22日
CAMT Newsletter No.9  (0.8MB) を発行しました。
4月19日
神戸 宣明教授らの研究グループは、安価なニッケル触媒を用いた二つのブタジエン、アルキル基、ベンゼン環を一挙に連結する手法を開発しました。 以前の研究成果も合わせて、触媒を使い分けることにより安価な炭素源から様々な有機分子を作り分けることに成功しました。本成果は、様々な有機材料の合成手法の開拓につながることが期待されます。
詳細は,こちらをご覧ください。
4月19日
北野 勝久准教授研究グループの横山 高史君(D1)が,大阪大学フォトニクスセンター主催の第6回こども科学の教室「スーパー光塾」に学生スタッフの統括補佐として参画し,工学研究科長表彰を受賞しました.スーパー光塾は,地域の小学生を対象に,学生が主体となって行われたもので,その内容のレベルの高さ,アウトリーチ活動としても高評価を受けての受賞となりました.
詳細は、こちらをご覧ください。
4月19日
CAMTセミナー開催のお知らせ
Development of interatomic potentials for modeling of hydrogen and carbon interaction near lattice defects in bcc iron
講師:Prof. Tien Quang Nguyen
Professional development Consortium for Computational Materials Scientists (PCoMS), Institute for NanoScience Design, Osaka University
日時:2016年4月28日(木) 11:00から12:00
場所:大阪大学 大学院工学研究科 A12棟 101 (吹田キャンパス)
詳細は、こちらをご覧ください。
3月8日
神戸 宣明教授が平成27年度の石油学会学会賞を受賞しました。
「遷移金属触媒による有機分子への飽和炭素鎖およびカルコゲン原子団の新規導入手法の開発」
この賞は、石油、 天然ガスおよび石油化学工業について、 ならびにこれらに関連する機械および装置について、貴重な研究を行い、その業績を発表し学術上特に顕著な功績のあったものに授与されるものです。
詳細は、こちらをご覧ください。
3月8日
CAMTセミナー開催のお知らせ
Charged particle generation, transport, and fluxes in laboratory plasmas
講師:Prof. Uwe Czarnetzki
Institute for Plasma and Atomic Physics, Faculty of Physics and Astronomy, Ruhr-University Bochum, Germany
日時:2016年3月11日(金) 14:00から15:00
場所:大阪大学 大学院工学研究科 A12棟 101 (吹田キャンパス)
詳細は、こちらをご覧ください。
1月27日
神戸 宣明教授が平成27年度の 第68回日本化学会賞を受賞しました。
「高配位アニオン性活性種の創製と有機合成への応用」
この賞は、日本化学会員のうち、化学の基礎または応用に関する貴重な研究をなし、その業績が特に優秀な会員に授与されるものです。
詳細は、こちらをご覧ください。
1月27日
CAMTセミナー開催のお知らせ
Universality of rare fluctuations in turbulence and critical phenomena
講師:Prof. Sadruddin Benkadda
PIIM Laboratory & France-Japan Magnetic Fusion Laboratory, LIA 336 CNRS-Aix Marseille University, Marseille, France
日時:2016年1月29日(金) 14:00から15:00
場所:大阪大学 大学院工学研究科 A12棟 101 (吹田キャンパス)
詳細は,こちらをご覧ください。
1月5日
CAMTセミナー開催のお知らせ
Mechanisms of ion wind generation in atmospheric-pressure discharges
講師:Prof. Longwei Chen
Institute of Plasma physics, Chinese Academy of Science, Hefei, China
日時:2016年1月7日(木) 14:00から15:00
場所:大阪大学 大学院工学研究科 A12棟 101 (吹田キャンパス)
詳細は,こちらをご覧ください。

2015年

12月24日
CAMT Newsletter No.8  (0.8MB) を発行しました。
12月24日
計算物質科学人材育成コンソーシアムへの参画
計算物質科学人材育成コンソーシアムは、東北大学(主として金属材料研究所)、東京大学(主として物性研究所)、自然科学研究機構分子科学研究所、そして大阪大学(主としてナノサイエンスデザイン教育研究センター)の4者から構成される団体です。このプログラムは、コンソーシアム中の複数研究機関における滞在型共同研究の遂行等を通じて、計算物質科学分野の広い領域に通じた次世代リーダーの養成を目的としています。12月16日にコンソーシアムに着任したNguyen Tien Quang特任助教が、当センター内において、計算科学に関わる研究活動を展開します。
12月24日
尾崎 雅則教授が、2015年度 日本液晶学会 業績賞を受賞しました。
「液晶材料における新機能性の探究、およびフォトニクス・エレクトロニクスへの応用」
この賞は液晶研究において特に優れた業績を挙げ、学術或は産業の発展に貢献した個人を対象としたものです。
11月26日
伊藤 剛仁准教授研究グループの近藤 崇博特任研究員(現 東海大学勤務)が、2015年応用物理学会秋季学術講演会で、講演奨励賞を受賞しました。
「振動和周波発生分光による水表面O-H振動構造へのプラズマ由来ラジカル・イオンの効果」
近藤崇博,伊藤剛仁
11月26日
伊藤 剛仁准教授研究グループの近藤 崇博特任研究員(現 東海大学勤務)が、17th International Symposium on Laser-Aided Plasma Diagnosticsで、Poster awardを受賞しました。
「Disordering O-H vibrational structure at water surface by reactive species from plasma analyzed by vibrational sum-frequency generation spectroscopy」
近藤崇博,伊藤剛仁
11月26日
CAMTセミナー開催のお知らせ
Multiscale modelling of nanoscale materials and electronic transport
講師:Prof. Wolfgang Wenzel
Karlsruhe Institute of Technology, Institute of Nanotechnology, PO Box 3640, D-76021 Karlsruhe, Germany
日時:2015年12月9日(水) 14:00から15:00
場所:大阪大学 大学院工学研究科 A12棟 101 (吹田キャンパス)
詳細は,こちらをご覧ください。
9月29日
CAMTセミナー開催のお知らせ
Non-equilibrium dynamics in low-temperature plasmas
講師:Prof. Uwe Czarnetzki
Institute for Plasma and Atomic Physics, Faculty of Physics and Astronomy, Ruhr-University Bochum, Germany
日時:2015年10月8日(木) 14:00から15:00
場所:大阪大学 大学院工学研究科 A12棟 101 (吹田キャンパス)
詳細は,こちらをご覧ください。
9月29日
CAMTセミナー開催のお知らせ
Atmospheric pressure discharges and their application in ion mobility spectrometry
講師:Prof. Štefan Matejčík
Department of Experimental Physics Faculty of Mathematics, Physics and Informatics, Comenius University, Bratislava, Slovakia
日時:2015年10月1日(木) 14:00から15:00
場所:大阪大学 大学院工学研究科 A12棟 101 (吹田キャンパス)
詳細は,こちらをご覧ください。
9月17日
CAMTセミナー開催のお知らせ
Turbulence Transport in Edge Tokamaks and Plasma-Facing Surfaces
講師:Prof. Sadruddin. Benkadda
Université d'Aix-Marseille, Marseille, FRANCE
日時:2015年9月29日(火) 13:00から14:00
場所:大阪大学 大学院工学研究科 A12棟 101 (吹田キャンパス)
詳細は,こちらをご覧ください。
9月17日
大阪大学「物質・材料科学研究推進機構」総会・講演会
2015年12月11日(金) 14時~17時40分
大阪大学 吹田キャンパス 産業科学研究所 講堂
主催:大阪大学物質・材料科学研究推進機構
共催:工学研究科附属アトミックデザイン研究センター
詳細は、こちらをご覧ください。
8月28日
CAMT Newsletter No.7  (905KB) を発行しました。
8月28日
日越大学院設立プロジェクトのご紹介
日本―ベトナム(日越)双方の経済発展に寄与すべく,日越の首 脳間合意に基づいて2014年7月に日越大学を設立することが正 式に決定しました.現在の案では,2016年9月にまずは大学院 の修士課程を開校し,最終的には2025年までに6,000人規模の 日越大学・大学院を設立する予定です.大阪大学は2016年9月 開校時の修士課程に設置されるナノテクノロジープログラムの 幹事校として参画し,当センターの一分野でもあります量子エ ンジニアリングの観点から,物理・化学・生物工学の3分野を 専門とした高度な研究開発のできる人材の輩出を目指します.
8月28日
今出 完助教が「大阪大学総長による表彰」を受賞しました.
「Naフラックス法による大口径・高品質GaN結晶育成技術」に ついて2014年結晶成長学会技術賞,2014年応用物理学会ポスタ ーアワードを受賞したことが評価されました.
8月4日
CAMTセミナー開催のお知らせ
Microwave excited linear plasma source : a simple numerical analysis
講師:Prof. Longwei Chen
Institute of Plasma physics, Chinese Academy of Science, Hefei, China
日時:2015年8月10日(月) 11:00から12:00
場所:大阪大学 大学院工学研究科 A12棟 101 (吹田キャンパス)
詳細は,こちらをご覧ください。
7月31日
CAMTセミナー開催のお知らせ
Plasma Materials Interaction in ITER
講師:Prof. Sadruddin. Benkadda
CNRS / Université d'Aix-Marseille, Marseille, FRANCE
日時:2015年8月5日(水) 11:00から12:00
場所:大阪大学 大学院工学研究科 A12棟 101 (吹田キャンパス)
詳細は,こちらをご覧ください。
7月24日
CAMTセミナー開催のお知らせ
INTRODUCTION TO ITER PHYSICS
講師:Prof. Sadruddin. Benkadda
CNRS / Université d'Aix-Marseille, Marseille, FRANCE
日時:2015年7月28日(火) 11:00から12:00
場所:大阪大学 大学院工学研究科 A12棟 101 (吹田キャンパス)
詳細は,こちらをご覧ください。
7月17日
山中 伸介教授が平成27年度の大阪大学総長顕彰(教育部門)を受賞しました。
澁谷 陽二教授が平成27年度の大阪大学総長顕彰(研究部門)を受賞しました。
7月17日
DINO WILSON AGERICO TAN 准教授が平成27年度の大阪大学総長奨励賞(教育部門)を受賞しました。
芝原 正彦教授、北野 勝久准教授、鳶巣 守准教授、平原 佳織准教授が平成27年度の大阪大学総長奨励賞(研究部門)を受賞しました。
7月9日
平原 佳織准教授が、工学部のオープンキャンパスにおいて、女子高校生向けに講演します。
大阪大学工学部 OPEN CAMPUS 2015   8月10日(月)
「女子高校生のためのオープンキャンパス ~工学部で夢をつかんでみませんか?~」
第1部:講演会
2. 活躍されている女性研究者からのメッセージ
平原 佳織(工学研究科附属アトミックデザイン研究センター 准教授)
詳細は,こちらのチラシをご覧ください。
2015オープンキャンパス開催のお知らせ
7月9日
平成26(2014)年度のアニュアルレポート Vol.2  (10.8MB)を発行しました。
7月3日
神戸宣明教授らの研究グループは、安価な銅触媒を用いたブタジエンの内部炭素選択的なアルキル化反応を達成しました。本研究で開発した手法により、安価な炭素資源から、分岐構造を有する高付加価値な末端オレフィン類を合成することができます。本成果は、様々な有機材料の合成手法の開拓につながることが期待されます。
詳細は,こちらをご覧ください.
6月12日
尾崎雅則教授らの研究グループは、ネマティック液晶薄膜におけるトポロジカル欠陥の数と形状の制御に成功しました。この技術は材料系を選ばないため、幅広い分野への応用に貢献することが期待されます。
詳細は,こちらをご覧ください.
6月12日
2015年4月8日の日経産業新聞に、阪大フォトニクスセンターの記事が掲載され、製品化された研究として、北野勝久准教授と島津製作所の共同開発の高感度ガスクロマトグラフシステムが紹介されました。
詳細は,こちらをご覧ください.
4月21日
CAMT Newsletter No.6  (1.0MB) を発行しました。
4月21日
井藤 幹夫准教授グループの研究成果を、粉体粉末冶金協会の平成26年度秋季講演大会で発表した川原賢太君(M2)が、優秀講演発表賞を受賞しました。
「直接通電焼結法を用いた反応焼結によるMg2Si系熱電変換材料の合成」
川原賢太,井藤幹夫
4月21日
林 高史教授らの研究グループは,国際科学技術共同研究推進事業(SICORP)「日本-フランス共同研究」において,「光および化学エネルギー利用のためのポルフィリンナノ構造体制御の分子技術」が平成26年度新規課題として採択され,フランスのチームとの共同研究が始まりました.本研究交流は、生体内に広く存在するヘムやクロロフィルの骨格として知られているポルフィリン分子を集積化し、光エネルギー獲得のデバイス開発や水素発生などの触媒開発を目指すものです。
詳細は,こちらをご覧ください.
4月21日
笠井 秀明教授らの研究グループは,NEDO (国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構)の平成26年度「エネルギー・環境新技術先導プログラム」に採択され,「量子ダイナミクス理論に基づく革新的省エネルギー水素社会実現の研究開発」について,東京大学,川崎重工業株式会社と共同で業務委託される事になりました.(~平成28年2月)
詳細は,こちらをご覧ください.
4月21日
英語の組織名称変更により、PDF版パンフレットを改訂しました。
4月21日
CAMTセミナー開催のお知らせ
物理的ストレスによる活性酸素の役割を考える ―特に大気圧プラズマの生物・化学作用について―
講師:近藤 隆(富山大学学長補佐 同大学院医学薬学研究部(医学)放射線基礎医学講座・教授)
日時:2015年4月23日(木) 14:00から15:30
場所:大阪大学 大学院工学研究科 産学連携本部 A棟B1研修室 (吹田キャンパス)
詳細は、こちらをご覧ください。
4月1日
CAMTセミナー開催のお知らせ
High thrust-over-power electric propulsion
講師:Professor Amnon Fruchtman
Holon Institute of Technology, Holon, Israel
日時:2015年4月3日(金) 14:00から15:00
場所:大阪大学 大学院工学研究科 U1M棟 303 (吹田キャンパス)
詳細は、こちらをご覧ください。
1月27日
笠井 秀明教授らの研究グループは、独立行政法人日本原子力研究開発機構を代表とする、ダイハツ工業株式会社との共同研究において、触媒の反応過程における電子の動きを、その場で詳細に観測するための測定技術開発に貢献しました。
今回開発した、先端X線分光法の一つである共鳴非弾性X線散乱法を活用することで、自動車触媒や燃料電池電極触媒など、これからの触媒開発における新たな指針を提示できると期待されます。
詳細は、こちらをご覧ください。

2014年

12月25日
今出完助教らが、日本結晶成長学会第21回技術賞を受賞しました。
  「Naフラックス法による大口径・高品質GaN結晶育成技術」
  今出完、吉村政志、丸山美帆子、川村史朗、森勇介
本技術は、NHK教育テレビジョン「サイエンスZERO」の「おめでとう!ノーベル物理学賞 青色LED徹底解説」にて紹介されました。
12月25日
CAMT Newsletter No.5  (864KB) を発行しました。
8月7日
CAMT Newsletter No.4  (719KB) を発行しました。
7月15日
神戸 宣明教授が平成26年度の大阪大学総長顕彰(研究部門)を受賞しました。
7月15日
伊藤 剛仁准教授、北野 勝久准教授、吉村 智准教授が平成26年度の大阪大学総長奨励賞を受賞しました。
6月12日
平成25(2013)年度のアニュアルレポート Vol.1  (9.3MB)を発行しました。
4月24日
アトミックデザイン研究センターの紹介パンフレットを発行しました。送付ご希望の方は、メールにてご連絡ください。
 日本語版 (4.8MB)
 英語版 (5.6MB)
4月24日
CAMT Newsletter No.3  (740KB) を発行しました。
4月24日
北野勝久准教授、大島朋子招へい准教授らが、日本歯科保存学会の2013年度春季学術大会において優秀発表賞を受賞しました。
「大気圧低温プラズマのう蝕感染象牙質に対する殺菌効果-ヒト抜去歯を用いた感染象牙質モデルでの検討」
臼井エミ,大島朋子,井川聡,北野勝久,前田伸子,桃井保子
1月28日
笠井 秀明教授らの研究グループによる分子励起子・分子振動・表面プラズモンのダイナミクスが協奏する「多体量子効果」に関する研究成果を報告した論文がJournal of the Physical Society of Japan(JPSJ)2013年12月号の注目論文に選出され、また、2013年12月6日発行の科学新聞(6面)にて紹介されました。
詳細は、こちらをご覧ください。
1月28日
渋谷 陽二教授らによる双晶粒界を含む双結晶マイクロサイズピラーの変形挙動の写真が第64回日本金属学会金属組織写真賞「奨励賞」を受賞しました。

2013年

12月3日
CAMT Newsletter No.2  (740KB) を発行しました。
10月11日
笠井 秀明教授らの研究グループは、世界に先駆けて確立した「量子ダイナミク ス理論(Hyper-Naniwa)」を、 固体酸化物形燃料電池(SOFC)に適用した知的設計手法「CMD(Computational Materials Design)」を構築し、 低温作動型 SOFC の知的設計に成功しました。
詳細は、こちらをご覧ください。
8月1日
粟津 邦男教授、尾崎 雅則教授、笠井 秀明教授、山中 伸介教授が平成25年度の大阪大学総長顕彰(研究部門)を受賞しました。
8月1日
鳶巣 守准教授と平原 佳織准教授が平成25年度の大阪大学総長奨励賞を受賞しました。
8月1日
CAMT Newsletter No.1を発行しました。

大阪大学大学院工学研究科附属
アトミックデザイン研究センター

〒565-0871
大阪府吹田市山田丘2-1

TEL: 06-6879-7917
FAX: 06-6879-7916
e-mail:
info[at]camt.eng.osaka-u.ac.jp
[at]は@に置き換えてください。